あこがれのブロードバンド
No.2 ADSL開通!ありゃ?動作が変だぞ??

2003,8/4 新設


1.ADSL開通まで
No.1で書いたようにeAccessを選んでしまえば後の手続きはらくちんでした。

日時 やったこと コメント
2002,10/6 たけ:WebからAdslの申し込みを行う。 詳細はひまひま日記のこちらを参照
2002,10/6 Dream:その日のうちに「受け付けた、」との確認メールが届く。 今後の手順等が書いてあって親切
2002,10/10 Dream:Dreamの本手続きを経てeAccessに
申し込んだ事を知らせるメールが届く。
詳細はひまひま日記のこちらを参照
2002,10/10 eAccess:NTTへの開通手続きを開始した事を知らせる
メールが届く。
2002,10/15 eAccess:ISDN解約の手続きが必要なのでeAccessの
専用窓口に電話して欲しい、とのメールが届く。
ISDN解約の申し込みは電話じゃないと
ダメみたい。それじゃぁ、と電話するも
なかなかつながらず苦労する。
詳細はひまひま日記のこちらを参照。
2002,10/17 たけ:eAccessに電話してISDN→アナログ回線への
変更依頼をする。
2002,10/24 eAccess:アカウントが届く。29日が開通日とのこと。 (^_^;) 詳細はひまひま日記のこちらを参照。
2002,10/26 eAccess:レンタルモデムが届く。
NECのAterm DR202Cという機種です。
2002,10/29 たけ:おぉ!いきなりADSLにつながったぞーー! (^_^)
eAccess:ついにADSL開通!!
Dream:ついにADSL開通!!
思いの外簡単に接続!
でも外部IPアドレスが頻繁に変わって
しまうという問題が・・・
詳細はひまひま日記のこちらを参照。


10/6に申し込んで、開通は10/29。正味3週間ちょいで開通したことになります。
途中、めんどうだったのはISDN解約の確認電話がなかなかつながらなかったくらいで、
 ISDN→アナログ回線への切り替え→ADSL開通
までの一連の作業はすべてDreamNetとeAccess間で行われたので非常にらくちんでした。
電話番号も同じままですみましたし、1,2年前と比べるとADSLへの切り替えも簡単になったもんです。


2.気になるADSLの速度は?
さて、開通したはいいもののやはり気になるのは速度です。
早速Broad Landというサイトで測定してみました。
(当時の記録が残っていなかったので日付が合っていませんが気にしないで下さい。 (^_^;) )



我が家は、伝送損失44db、電話局からの距離予測 実測1.9km・直線距離 1.2kmですから
約2Mbpsというのは平均的な速度であります。
特に速くもないけど、特に遅くもなく、こんなもんかなぁ、という感じでした。
でも、まぁ、1MBbpsを超えてブロードバンド化の目的は果たしたぞ!という感じです。


3.ADSLモデムについて
上に書いたようにADSLモデムはNECのAterm DR202Cというもので、
これはeAccessからレンタルしているものです。これ、依然使っていた同じくNECの
コムスターズルーターと比べると軽いわちっちゃいわ、スイッチが少ないわ、
マニュアルも比較的簡単で、本当にこんなんで大丈夫?と不安だったのですが、
これがなかなかどうして、アドバンスドNAT、ポートマッピング、パケットフィルタリング、
DHCPサーバ、不正アクセス検出機能、UPnP機能、DMZホスティング機能、とルーターとして
必要な機能は一通り揃えおり高機能です。
マニュアルにも「外部にサーバを公開する」という項目がちゃんとあってなかなかよろしいです。 (^_^)

最初につなぐときに、
 1)プロトコルはPPP over ATMでいいかどうか?
 2)ADSL認証時はパスワードの設定が必要かどうか?
の2点がマニュアルのどこを探しても見つからず、DreamNetのユーザーサポートに
問い合わせたところ、1)については「PPP over ATM」を使えばよい。(初期設定のまま)、
2)についてはADSL認証IDとPPPパスワードを使えばよい、という回答が返ってきました。
質問をして即 回答が返ってきたのはいいのですが、なんでこういう基礎的なところが
マニュアルに載っていないでしょう?(私が見つけられなかっただけ?)


4.トラブル発生 IPアドレスが変わってしまうぅぅ〜
さて、実際にADSLを使い始めるといくつか問題が発生してきました。
これはトラブルという扱いじゃないかもしれませんが、サーバーとして使っていると一日に数回、
サーバーにアクセスできなくなっちゃうんですよ。
最初理由がわからなかったのですがどうやらグローバルIPアドレスが一日に何度か変わっている
みたいです。これ、サーバーとしては困った事ですが、もともと固定IPを提供するサービスではないので
eAccessに文句を言う事もできません。
仕方がないので「eAccessってそういう仕様なんだぁ、はずしたなぁ、、、」と文句をいいつつ
DiCEの設定を”1時間に一度更新”から”IPアドレスが変わるたびに更新”にしてみたら、
IPアドレスの変更にDiCEが追従してくれてだいぶよくなりました。
(詳細はひまひま日記のこちらを参照。)
それでも、IPアドレスの変更をDiCEがうまく検出できなくて、IPアドレスが変わるとサーバーにアクセス
できなくなるというトラブルが続発してしまいました。
これは困った!」と頭をかかえていたところある相関関係に気がつきました。
なんと、外から電話がかかってくるとADSLのリンクが切れるんですよ。
ある日、居間に座っていたら電話がかかってきて、その時何気にADSLモデムをみていたら
(居間に置いてあるんです、うちのADSLモデム)電話が鳴りだすと同時にリンクされている
事を表すLEDランプが切れるじゃぁありませんか!
も、もしや!と今度は携帯電話から自宅に電話をかけてみるとやはりリンクが切れれます。
再現性あり!です。理由はともかく現象ははっきりしました。

では、なんでリンクが切れるのか?それはきっとノイズのせいに違いない!
かってにそう推測した私は、ノイズ関係の情報を集め、速攻でツイスト&シールドケーブル
雷サージ遮断機能・フィルタ付きスプリッタセットを買い集め、ADSLモデムにセット!

←こんな感じ

これで大丈夫だろう、と携帯から自宅に電話をかけてみます。
 プルルルル、プルルルル・・・・・プチ!(リンクが切れる音)
がーーーん!悲しいかな、何の効果もありません。 (T_T)

その後、ケーブル長を極端に短くしたり(10cmくらい)電話を外してみたりしたのですが
状況変わらず、やっぱり電話がかかるとリンクが切れてしまいます。

こりゃ、ダメだと途方に暮れていたときにeAccessのサポートページでこれを発見!
現象がまったく同じじゃぁありませんか!キーワードは「旧型6PT保安器」ってやつのようです。
さっそく「保安器」でgoogleしてみると、
 ・ひろくんのホームページADSL切断現象の対策・・・保安器の問題
 ・武蔵野三鷹ケーブルテレビ電話着信時にADSLが一時通信中断する現象について
 ・AppaleCompetor保安器にかんして、、
 ・YahooBBおたすけウィザード保安器について
などなど、いろいろでてきます。
さっそく自宅の保安器を調べてみると、、

我が家の保安器→


ちょっとわかりにくいですが6PTと書いてあります
旧型かどうかまではわかりませんが保安器が怪しい雰囲気になってみました。
となると即行動。さっそくDreamNetに問い合わせてみたところ、確かに保安器が原因である
可能性が高そうだ、とのこと。ただ、保安器を交換するには、
 ・工事費として8000円かかる。(ユーザー負担)
 ・工事して改善が見られない場合もある。またそのときに工事費は返却されない。
などの制約が付きます。
”足元みやがってこんにゃろー”という気もしましたが背に腹は変えられません。
速攻でDreamNetに工事を申し込んで(11/4)、私の都合なども加味して実際の工事日は
14日となりました。

14日当日、NTTの業者らしき人がやってきて、保安器を交換。
工事自体は5分くらいです。
工事のおいちゃんに聞いてみた所たしかに「旧型6PT」だったとのこと。(しめしめ、)

工事が終わったと同時に携帯から電話をかけてみたところ、リンクは安定して
切れる様子がありません。2度、3度かけなおしても大丈夫!
この対策によりIPアドレスが頻繁に変わる事がなくなりました。あーーよかった


と、まぁ若干のトラブルはあったものの2002年の11月中旬にはADSLが安定したのでした。
その後は大きな問題もなく使えています。



←戻る 進む→
ホームに戻る