東京おもちゃショー2009

2009年7月19日

α版レポート公開  2009,7/21


7月16日(木)〜19日(日)まで東京ビックサイトで開かれていた東京おもちゃショー2009
に行ってきました。

※ 7/21に公開したのはα版で、外部へのリンクなどが未整備のものです。


※ 写真クリックで拡大します。


< 会場の様子など >
やってきました、東京ビックサイト。 (^_^)
                                  
おもちゃショー、やっているようです。
9時スタートに対して、10時過ぎに着いた
のですが延々と並んでやっと入れました。
(10分くらいは並んでいたような。)
けっこうな人の入りです。
バンダイブースは60分待ち。
とても並ぶ気がしないのでスルーしました。
外から見えるバンダイブースの中。
でかい目玉おやじが気になります。
上の階のタカラトミーブースは20分待ち。
こちらも根性がなくてスルーしてしまいました。    
会場にはところどころ空き地が・・・
きっと不景気で参加を見合わせる企業が
いっぱいいたんでしょう。。。。
これはビックサイトの入り口で見かけた
名刺製造装置。
元々名刺を忘れたり、切らした人用なんで
しょうが、こんなんあるといくらでも名刺を
偽造できるではないですか。
(って、そんな事考えるの私だけ? (^_^;) )
<面白かったおもちゃ達>
さて、いよいよ本題です。

まずはひかりでかけるペン。
砂絵チックなお絵かきおもちゃ「せんせい」
の光版って感じでしょうか。
確かに書いたところが緑色に光ります。
これはかっこいい!
ボタンを押すと簡単に消すこともできます。

これ、どういう仕組みか一瞬悩んだんですが、
透明のアクリル板の上に柔らかい厚めのビニール
シートを重ねた構造になっているんじゃないかな?      

アクリル板の側面からLEDの光を通しておいて、
ビニールの上からペンを当てるとアクリルと
ビニールがくっついて、くっついたところだけ
光が反射して光る、という仕組みではないか
と推測しています。誰か分解していないかな?
ぬいぐるみもろぼっとじゃないか、という
くらい精巧なモノがでていました。

これはセガの夢いぬDX ゴールデンレトリバー
というやつです。
色んなところにセンサーがついていて
動いたりするんですが、一番気に入ったのは
尻尾の振り方。 (^_^)

動画に撮ったつもりでしたが失敗していました。
残念。
でもこれ、xxx万円もするんですよね。
すぐ買うか、といわれると躊躇してしまいます。
こちらは高級猫ぬいぐるみ。
箱からして高級そうです。 (^_^;)
でもってこんなかっこうでにゅいーーん、
と腹を出して寝転んでいます。

これ、説明員さんにいいたら、わざとこういう
かっこうをさせているんだそうです。
一方、安いタイプのぬいぐるみもだまって
いません。

リモコンの紐がブルーに光っているんです。
意味はないけど子供は喜びそうです。
こちらはカウントダウンクロック。
試験日、大事な人の誕生日、コンサートの日、
などなど、その人にとって大事な日をセットして
おくとカウントダウンしてくれる、という時計です。

「ありそうでなかった。」というキャッチコピー通り
確かにあまり見かけない製品です。
朝専用のモーニングカウントダウンクロック
というのもあるみたいです。
こちらは「ぺこっぱ」
場の空気を読んでうなずいてくれる、
というのですがどうやって空気を読むんでしょう?
岡山大学工学部 渡辺富夫教授の
「うなずき理論=iRT」を採用とか書いてます。
うなずき理論とは恐れ入りましたが
本当に効くんでしょうか?

という話はさておき、うなずいている葉っぱは
なんとなくかわいいのでゆるす。という感じでした。
こちらはテレビでも何度も紹介されていた
「家(うち)あげ花火」 15548円です。
花火を投影するレンズがうぃんうぃんと
動くんですよね。

かなり気になるのですが我が家では
花火を揚げる事が出来るほどの白い壁が
ないというのが悩みです。 (^_^;)
専用カートリッジ(スライドみたいなもん?)
を交換すれば簡単にいろんな花火を楽しめる
のがいいところだそうです。

説明員のおじさんいわく、スライドを直接
引っかいて自分オリジナルの花火を作る
事もできますよ。
とのことでした。
これはカートリッジの説明。
こちらは何年か前から流行っている
家庭用プラネタリウム。
この製品がベースになって花火が
出来たんでしょうか?
やっぱ60900円は手が出ないなぁ。。。
なにやら怪しげな物体。
「浴槽用プラネタリウムと書いてありますが
こんなんでプラネタリウムになるんでしょうか?
お風呂を暗くしてこれをうかべておくと
風呂場がスピリチュアルな場になるん
でしょうかね?謎です。
セガのブースになぜかアルパインのカーナビが。
なんで??
カーナビに子供用のハンドルを付けて
遊ばせる、という製品だそうです。
これがあれば渋滞もたいくつじゃない、
という作戦のようです。

なるほど、こういうコラボもあるんですね。
こちらは「戦国歩数計」。
なんで歩数計で戦国なの??
他にも島耕作はあるは、ヤマトはあるは、
母を訪ねて三千里はあるは、なんでもありの
歩数計シリーズでした。
おもちゃ大賞を取ったという
「TV地球儀」

最初なんだかわからなかったんですが
地球儀上の好きな場所を専用ペンで
押さえるとその地域の情報がテレビに表示
されるという仕組みです。

国の情報、昆虫、などなど。
触れるgoogleアースという感じです。
台座を引っ張るとキーボードもでてきて
文字を入力する事ができます。

日本専用モードというのがあって、
色んな県の情報が見れるのですが
その時はこのキーボードを使うそうです。
国の情報が表示されているところです。

たしかに面白いのですが値段が35000円
と、ちょっとお高めなのが難点です。
何やらジオラマみたいなものを発見。
なんじゃこりゃ?
なるほどー、アームみたいなものが
カメラになっていてコマ送りで撮影すると
自分でミニ映画(?)が撮影できるという
仕掛けになっているんだそうです。
キャプチャーするためのボタンも色々あります。
これはマニア受けしそうなおもちゃですねぇ。
音符の中にカメラが仕込まれていて
テレビにつないで遊ぶゲームだそうです。
テレビにつないだところ。
カメラとテレビと音楽がどうつながって
いるのかよく分からないです。
「エコオトメ」って何??
何のことはない、持ち運びタイプの
トイレの音消し機だそうです。
300円とお手ごろ価格とは言え、
女の子が持ち歩くデザインじゃないなぁ。。。
試してみたら音も小さいし、使い物になるのか
”?”な感じ。
これ、会場で1000円で売っていた
ミニデジタルフォトフレームです。
画面は小さいですがこの値段にはびっくり。
裏側に操作ボタンがありますが、
何とも言えないチープな感じが泣かせます。
遊びで買おうかとも思いましたが
ジャンク箱の肥やしになるのは間違いなさそう
だったので購入を断念しました。 (^_^;)
同じく7インチクラスのフォトフレームが
3000円で売ってました。
普通の電気屋で1万円前後で売られている
フォトフレームの卸値がこれくらい、という
事なんでしょうか?

こちらも触手が動きましたがぐっと我慢して
買いませんでした。
床をごろごろと転がるぬいぐるみを発見。

■ 動画はこちら ■

うーん、このゆるい感じ最高! (^_^)
かわいいぞ!!欲しい!
このごろごろぬいぐるみ、どれを見ても
額のところに黒いポッチが付いています。
説明員のおじさんに聞いたところ、
「これはフォトセンサーでして、人が近づいて
 きた事を検出してごろごろしだすんですよ〜」
と自慢げに教えてくれました。

なるほどーー、納得。
こちらは「幻想的トイレ革命、アクアジェル」
という代物。
何が幻想的かというとこんな風に光るんです。

■ 動画はこちら ■

これで幻想的にするにはトイレの電気を
消した方がいいよなぁ。
でも消すのは嫌だなぁ、と悩ましい製品なのでした。
これは刀のツバ?
ツバだけ??
「バーチャルソード サムライ刀」だそうです。
会場でデモをやっていましたが相手を切った
時の効果音が派手に出ていました。
スターウォーズのライトセーバーの光が出ない版
と言う感じでしょうか。
中に加速度センサーとか入っているのかなぁ?
おねえさんっぽいマネキンが腰に装着
している黄色い物体。
あぁ、これも歩数計でした。
こんどは、
「料金表示する歩数計 タクシーウォーカー」
だそうです。
色々考えるなぁ。
「タクシー料金の様に表示」って何だろう?
すごい気になるなぁ。

でもこれでこの大きな物体をおねぇさんが
着けてくれるとは思えないけどなぁ。
やっぱおじさん向けか。 (^_^)
こちらは超小型の鉄道模型。
あまりの小ささにびっくり。
すると隣のコーナーにはミニミニダービーが。
あまりにも小さくて写真ではわかりにくいと
思うので動画も撮ってみました。

■ 動画はこちら ■

馬の高さは1cmもないくらい。
かわいいですなぁ。 (^_^)
でも買う人いるのかな?
こちらはユーモラスな恐竜のぬいぐるみ(?)
です。
実際に動く様子はこちら。

■ 動画はこちら ■

かなりリアルに動きますね。
これは面白い。
これはLEDが内蔵されていると思われる
ペンダント。
どういう仕掛けになっているのかすごい
奥行きがあるように見えます。

■ 動画はこちら ■

いわゆるアイデア商品ですがなかなか
面白いです。
厚さ2cmくらいに見えましたが5mmくらいまで
薄くなるともっと面白いのになぁ。
これはお金を食べる貯金箱。
コインだけでなく、お札まで食べちゃう
というのが目新しいところです。
さすがにお札認識まではしないらしく
金額は操作パネルで自分で入力
するみたいです。
今度はCUBEのブースです。
この会社、色々面白いものを出しています。

まずは音に反応してゆらゆらゆれる
製品の数々。

■ 動画はこちら ■

この動き方ユーモラスでよいですねぇ。
こちらは以前にも紹介したUSBに挿すと
腹筋を始める人形たち。
どんどんキャラクターが増えて、
キン肉マンやガチャピンまで
腹筋しています。 (^_^)

■ 動画はこちら ■
これは電子おきあがりこぼし??
こちらは明和電機と開発したと言う
「オタマトーン」
電子オタマジャクシ楽器というまか不思議
なものですが棒状のところにあるセンサー
が弦みたいな働きをして、おたまじゃくしの
口のところがゴムでできていて、指で挟んで
パクパクさせると音色が変わるという代物です。
かなりかわいくていい感じ。
こちらは腕時計。
117をダイヤルすると何時か音声で教えて
くれるという製品だそうです。
ははは、面白いけど使うのは一回ぽっきり
かなぁ。 (^_^;)
自らを楽器にして演奏してくれるロボット人形。
この姿も音もユーモラスでよいです。

■ 動画はこちら ■

これ、買うならセットで買うのがいいかな。
こちらは氷とまぜてグラスに入れる「光る氷」
安全性は気になるけど欲しい一品ですね。
電池は交換できるんでしょうか?
USBにつなぐとランダムにまばたきしたり
体をゆらす人形だそうです。
これもかわゆくてOKですな。
こちらもUSBにつなぐ製品なのですが
人形のボタンを押すとブラウザが立ち上がって
特定のホームページが開くんだそうです。
これ、何に使うんだろう?
宣伝用かな??
スターウォーズシリーズ第一弾。
まん中がwebカメラになってます。
スターウォーズシリーズ第二弾。
webカメラだったり、USBのHUBなど
いろいろ出ています。
ブース変わってタミヤブース。
水中モーターはマブチ、と思っていた
のですが今はタミヤが作っているんですね。

私の世代には懐かしい製品ですが
バリエーションも豊富になってますね。
こちらはバンダイの「昭和銀座ジオラマ」です。
かなり精巧にできていて、音も出るし
すごいなーー、という感じ。
お値段も20万円弱とすごいです。 (^_^;)
<番外編:おお笑いした品々>
これはパスモを入れるケースなんですが
なんせ大きい!
長辺側が40cmくらいはあるでしょうか?
完全におばかグッズという感じ面白いです。

会場では実際に駅で使っているビデオを
流していましたが、実際に使って遊ぶ人
いるのかなぁ?
これは電気はまったく関係ないのですが
ふかふかして気持ちよかったので
思わず写真撮ってしまいました。 (^_^;)
コインを置くと貯金箱に埋める(?)
貯金犬です。
写真ではよくわかりませんが動画をみると
面白さがよくわかります。

■ 動画はこちら ■
阿修羅ブームに目を付けさっそく
修羅像のフィギュアが発売されていました。
すばらし商売根性です。
同じブースになぜかつちのこフィギュアまで。
これは流行ってないような気がするぞ。
なんでこんなの作ったんだろう?
いきなりそろばんコーナーが出現。
そろばんのコマで独楽を作ったりしていました。
そろばん組み立て体験までやってます。
他にもそろばん尽くしのこのコーナー
主催していたのは誰なんでしょう?
こちらはNOLコーポレーションのブース。
気圧の変化でお天気を予想するという
おたまじゃくしです。

昔の科学と学習(の科学の方)の付録みたいで
楽しそうです。
同じ原理で地球儀型です。
こちらも楽しそう。
こちらは人が動いても犬の目が
自分を追っかけて来るように見える
ペーパークラフトです。

本当に追いかけてくるみたいで怖いのですが
この犬の顔の部分が実はくぼんでいて
それで追っかけてくるように見えるそうです。
おもちゃショーというのにところどころ
こういう健康グッズの展示もしています。
この空間だけなにやら怪しげな雰囲気を
かもし出しています。 (^_^;)
さらに見つけたのがこれ。
なぜおもちゃショーにシャワー??
強く出しているのに触ってみると
柔らかな感じの水流です。
なんで??
宝石シャワーという名前でミクロの穴が
水流をやわらかくしているとのこと。
おもちゃと関係ないけど面白いぞ。
確かにシャワーの口には細かい穴が
いっぱい開いていました。
何なんでしょう?この技術。
気になるなぁ。

<番外編:クッキングトイ特集>

今年のおもちゃショーの目玉だった、クッキングトイがいっぱい出ていました。
電子ガジェットっぽいモノではないのでコメントは入れませんが写真だけ並べます。
どれもおいしそうですなぁ。 (^_^;)

※ 写真クリックで拡大します。



番外編に戻る
表紙に戻る