グッドデザインエキスポ2009 1/2
〜ガジェット、電子機器編〜
2009年8月28-30日
東京ビックサイト

レポート:2009年9月27日


グッドデザインエキスポ2009」でゆるゆるがじぇっとやってるよ、といううわさを聞きつけ
ビックサイトへ行ってきました。
グッドデザインと言うとデザインの賞かと思っていたのですが様々な分野から色々な製品が、
また製品だけでなくwebサービスなども出展されていて非常に面白かったのでレポートしましょう。


※ 画像をクリックすると拡大します。

<目次> ※ 項目クリックで飛びます。
■_会場の様子
  思いのほかに広い会場。
  飛行船が飛んでました。 (^_^;)
    
■_愛すべきガジェット達
  ポーケン、EYE-Fi、チャンビー、
  定点観測カメラ、楽器などなど。
■_ちょっと変わった電子機器
  フォトフレームっぽいものや携帯電話など。 
  
■_ピコプロジェクタ
  小型プロジェクタが色々出ていました。
■ Link
  リンク集です。

第二弾:web・サービス、車、環境、その他編 はこちら。


※ 写真をクリックすると拡大します。

■ 会場の様子
グッドデザインエキスポ2009の会場に到着。      
国際展示場でやってます。
入り口には垂れ幕があり、これにプロジェクター     
で動画を投影。
デジタルサイネージ的な効果で盛り上げます。

【動画】
垂れ幕の様子。(かっこいい!)


※ 再生できない場合、一度ダウンロードして
  WindowsMediaPlayerで開いてください。
会場はこんな感じ。
予想よりはるかに大きな展示でびっくり。
反対側もこんな感じ。
さて、これはなんでしょう?
何やら修理している様子。
答えは飛行船でした。
この飛行船が会場内をゆらりゆらりと
浮遊してカメラで会場を撮影しています。

【動画】
うかぶ飛行船。(癒されるなぁ)


※ 再生できない場合、一度ダウンロードして
  WindowsMediaPlayerで開いてください。
会場の真ん中ではこのようなイベントも
開催されています。

今やっているのは”ゆるゆるがじぇっとNight!
のセッションです。
実は8/18(火)にも、GOOD DESIGN EXPO 2009の
キックオフパーティと合同で
ゆるゆるがじぇっとNight! vol.2”も開催されて
いたのでした。
■_愛すべきガジェット達
こちらは”ゆるゆるがじぇっと”のコーナー。
まずはチャンビーです。
これもいつ見てもかわいいですね。

【動画】
当日の様子はこちらで動画配信しています。
お次はポーケン
私も持っていますが、こういうイベント
会場でしか使ったことがない
(持っている人がいない。 (T_T) )
のが残念なところです。
今回、オリジナルのスキンを作るための
無印ケースも売ってました。
お次はフリーの無線アクセスポイント、
fonです。
最近はアクセスポイントもだいぶ
増えてきました。
こちらはEye-Fi
最近私も買ってしまいました。

EYE-Fiの説明と使い方はこちら
ジオタグモニターもやってます。
EYE-Fiジオタグの説明はこちら。)
会場ではチャンビー飴をもらいました。(^_^)
EYE-Fiチロルチョコも。 (^_^)
ゆるゆるの会場ではこんなゲームも
置いてました。
やってみましたが難しく100円ロスト。(T_T)

【動画】
こちらで動画配信しています。
筑波大学の直感的インターフェース
「ぷよこん」
やわらかいリモコン・コントローラー
らしいんですが動くものがないので
詳細分からず。。。興味あり。
こちらはネットにつながる電光掲示板、
ANOBER

これでもブラウザ端末なんですよね。
ある意味、チャンビーの大きいバージョン。
これだけだとわかりにくいと思いますが
こちらに動画が置いてあるので雰囲気は
伝わると思います。
会場ではこんな風に大量に並べて
デモをやってました。
リビングに1台いかが?
庭を定点観測するためにカメラ、
Garden Watch Cam
(ガーデンウォッチカム)。
重量 260g
カメラ130万画素
単3電池×4本
SDメモリーカード(max8GB)
音声なしAVIで記録
1分、5分、30分、1時間、4時間、
24時間間隔で撮影可能。

けっこう大きいです。
使い勝手はこちら
実際に撮影した動画も見れます。
ちなみに実売、19800円です。
おなじコンセプトの製品で、
Bird Watch Cam(バードウォッチカム)
こちらのサイトで実際の動画
見ることができます。
こちらの実売価格は24,799円
ガーデンウォッチカムよりは高いのはなぜ?
首都大学東京の
フレクトリック・ドラムス

※ ちなみに2006年は九州大学
  やってたみたい。
  (余談ですがこのページ面白いです。)
端を数人で持って他の人を触ると
音が出る
、という楽器(?)だそうです。
こういうスキンシップで音楽を奏でるという

Freqtric Project
-スキンシップ入力システム-

というものがあるそうです。
電子楽器「スタイロフォン」です。
見た目はチープですが根強いファン
いるようです。(動画もあり。)
実売価格、3580円
こちらは、プリンストン紙工作スピーカー
手作り感が面白いです。

コンテストまでやっています。
実売価格、1699円だそうです。
これは法政大学やっている、    
水泳中でもコーチの声が聞こえると言う
防水骨伝導スピーカーだそうです。

後頭部にスピーカーを付けて競泳と
いうのもなかなかシュールです。 (^_^;)
リコーのネットワーク情報端末
「Loupe」。
「タッチ&ズームで楽しく調べる。」
というコンセプトだそうですが、
モックしかなかったのでいまいち実感わかず。
■ ちょっと変わった電子機器
ちょっとかっこいい、
三洋のデジタルフォトフレーム
「ALBO(アルボ) HNV-M70」


初代機は昨年11月発売で4万円。
二代目は9月14日に発表したて
販売予想価格 15000円と大幅に
値段が下がっています。。
いいなぁ、と思ったのは無線LANを
内蔵していて写真付きメールを
受信する機能
を持っているというところ。

これでリモコンで写真を入れ替えたり
スライドショーの設定ができるといいなぁ。
いなかのじいさん、ばあさん用に即
買っちゃいます。
こちらはブラザーのミシン、
「Innov‐is I」です。
このミシン、何がすごいって
タッチパネルがついているのはもちろんの事、
カメラが搭載されていて、針先が見えるんだ
そうです。
ミシンがここまで進化しているとは知りません
でした。びっくり。
これはいろんな電子機器をまとめて
充電できる台です。
我が家でも充電機器がたこ足配線に
なっているので便利かも。
こちらは三星のコンセプトモック。
最初、単なるフォトフレームかと思って
いたんですが、
実は、フィルム上のフレキシブルディスプレイ
に画像をメモリする、という仕組みのようです。
これも同じく三星のコンセプトモック。
有機ELを搭載した電子ブック端末
だそうです。
モックだけじゃ面白くないなぁ、
と思っていたら動画がありました
三星SDIが昨年のSIDで発表している
みたいです。
携帯電話もぞろぞろ。
iidaとかもありましたが、新鮮味が
ないのでパス。
ほんと、最近の携帯電話は面白くないなぁ。。。
■ ピコプロジェクタ
なぜか小型プロジェクタもいっぱい
出ていました。
やっぱ旬なんでしょうか?

BenQのCP270
DLP Projectorです。
19.05cm x 7.62cm x 20.32cm、1.5 kg
なのでむちゃくちゃ小さいと言うわけでも
ないようです。
実売価格、$899
お次は、DELL M109S。
こちらもDLP。
92 x 105 x 37mm、360g
LEDランプで50ANSI ルーメン。

※ 右の白いW-ZERO3esは大きさ比較用。
日本での実売価格、48,899円
こちらは東芝のTLP-F10。
DLP+LEDで100ANSI ルーメン。
型番はTLP-F10となっていますが、
TIのニュースリリースではTDP-F10
なっています。
何か変わったのかな?

ちなみに、
13.97cm x 5.59cm x 12.45cm。0.64 kgです。
実売価格は、$569だそうです。
こちらはBenQのGP1
見た目、上の東芝プロジェクターにそっくり。
東芝からのODMでしょうか?
実売価格は$682とのこと。
ひときわ小さなプロジェクター。
W-ZERO3esとほぼ同じ大きさです。
オーエスのPK101という機種で
実売価格5万円程度。

仕様的には、
51×105×17mm、120g。
とむちゃくちゃ小型ですが、
DLP+LEDライトで10ANSI ルーメン
とかなり暗めです。
微妙な製品だなぁ。。。
ここは三星のブース。
携帯電話のコーナーにプロジェクタを発見。
あれ、これ携帯電話がそのまま
プロジェクターになっているぞ。
サイズ的には少し大きめの携帯電話。
この中にプロジェクターが入っている
というのは驚きです。
そうか、これがうわさに聞いていた
プロジェクター内蔵ケータイ電話、W7900。
まさかこんなところで会えるとは。
こちらもDLP+LEDライトで
日本で買うと147000円!

こちらに動画がありました。

l. LINK
 ・グッドデザインエキスポオフィシャルページ。
 ・inteblog:からのレポート ←詳しいです。
 ・グッドデザインエキスポ2009・レポート(駆け出しのトリックスター日記)  



番外編に戻る
表紙に戻る