快適!AtomPCできました!

2008年 8月31日


待ちに待ったintel Atomプロセッサを搭載した小型デスクトップPCを作りました。
ブラウザ中心の使い方をするだけならとっても快適です。 (^_^)

■ PCを作りましょう!
じゃじゃーん!待つこと約1ヶ月! 
Mini-ITX対応、超小型ケースITX-100が到着!
やっぱ小さくてかわいいなぁ。 (^_^)

付属しているACアダプターは60W(12V/5A)。   
ケースの中で5Vや3Vを作っているので
効率を考えるとマザーボードやその他のパーツに
使えるのは50W以下というところでしょうか。
正面から見るとメタリックで
かっちょいいです。 (^_^)
これで1万円なら納得の値段です。
本当はここにCD-ROMもしくはDVD-ROM
が入るのですが今回はスリムCD-ROMが
手元になかったのと、必須機能でもなかった
ので中はがらんどうです。 (^_^)
ケースの中。
IDEケーブル、シリアルATA、電源ケーブル
などなど一式入っています。
お次は本命、ATOMマザーボード、
Intel D945GCLFです。
こちらも1万円弱です。
下にあるファンなしのヒートシンクが
Atom N230 /1.6 GHzです。
FSB 533MHz,2次キャッシュ 512KBと
Pen4並みの実力を持ちながらTDPは
4Wと劇的に少なく、ハイパースレッディング
まで搭載しています。すばらしい! (^_^)

真ん中左寄りにあるファンの下にあるのは
Intel 945GC+ICH7(チップセット)で消費電力は     
20Wとのこと。
インテルマザーなのでチップセットもインテル
なのですが、SiS671+SiS968にすると10Wで
すむという話を聞くとちょっともったいない様な
気もします。
備え付けのインターフェィス達。
これだけあればそうそう困ることはありません。
さっそくマザーボードを組み込んでみました。
普通のパソコンみたいにどでかいファンが
ない分、ケースの中もスッキリしています。

他の部品は夏休みに秋葉原で買い漁った
中古HDD 2.5" IDE 12GB(1480円)と、
メモリはDDR2 533(PC2-4200) 1GB(1600円)
を取り付けました。

WindowsXPのインストール用に
一時的に普通のCD-ROMを
つないでインストール開始です。
無事CD-ROMから順調にXPのインストール
が始まったのですが・・・・数分もするとこんな
エラーメッセージが!

なんじゃこりゃ?とビデオの設定などBIOSを
いじってみますが効果なし。

こいつぁー困った!とgoogleで調べまくってみると、
「D945GCLF買っちゃった (ムームー太郎のモッサリいこう)」
「Intel D945GCLFの対応OSはWindowsVistaか
 WindowsXP SP2以降」という記述を発見。
原因はこれかぁ・・・・でも我が家にあるXPはSP1にすら
対応していません。。。どーすりゃいいんだ??

■ WindowsXP SP3インストールCDの作り方は?

その後、
 「Windows XP SP3 インストールCDの作成(y2it)
に書いてある方法を試したところ、SP3に対応したインストールCDができました。
(パチパチ!すばらしい!)

しかーし、ブートCDにすることができず、今回のようなまっさらのPCにインストール
する事ができません。 (T_T)
それじゃぁ、とWindows XPの起動フロッピーを作り、neroを使ってブートCDには
できたものの、”2枚目のFDDを挿入して下さい”というメッセージが出てきて
先に進めません。 (T_T)^2

※ ひょっとしたらWinXPの起動FDDのバッチファイルをいじってやれば
  できたのかなぁ?時すでに遅し、だけど。

結局のところ、nLiteというフリーソフトを使ったら簡単にWinXP SP3に対応した
インストールCDができました。
このソフト、自動インストール対応や専用のデバイスドライバを組み込むことも
できるというすぐれもので、PCを自作する人には便利なソフトです。

こんなソフトがあるとは思わなかったなぁ。便利、便利。

と、ここまで来ればしめたもの。普通にCDからブートして普通にWinXP SP3を
インストールする事ができました。 (^_^)

ということで、動き出したAtomPC君!
みよ!この小ささ!!
小さすぎるのでPC部分をアップ。
いいですなぁ、このサイズと質感。
これが2万5千円弱でできちゃうと
いうのもいいですなぁ。 (^_^)


動作速度的にもブラウザとメールを中心
とした使い方であれば問題なしです。
下の娘も、今まで使っていたAthlon/1700+    
と比べて「速い!」とご満悦です。 (^_^)

Gyaoの動画再生も問題ないし、小さくてじゃまに
ならないので居間に常設するパソコンにしようと
しましたが、下の娘に取り上げられてしまいました。 (^_^;)    
フロントパネルを開けると、オーディオ端子と
USBが出てきます。
これにSDカードスロットがあると完璧
なんですけどね。 (^_^;)

■ 恒例ベンチマークテスト

Athlon/1.1GHz → Atom/1.6GHz

ちなみにいつものHD Banchで今まで使っていたAthlon/1700+ 512MBと
今回のAtom N230/1.6GHz 1GBマシンを比較してみました。

以外や以外、トータルのスコアではほとんど変わっていません。
ではこのサクサク感は一体なんだろう?
と細かく見てみると、CPUとメモリの速度は飛躍的に速くなったものの、
ビデオとHDDが遅くなっている分で相殺している感じです。

HDDは3.5"を2.5"にしたので遅くなったのは理解できるのですが、ビデオチップ
が遅い、というのがいまいち納得できません。
■ 電力はどれくらい?

最後にAtomPCの電力をエコワットを使って計ってみました。
Gyaoの動画を再生しっぱなしにして2時間半使い続けたところ。
  「2.5時間、90wh、2円」
という結果が出ました。ということは、、、
  ・AtomPCの消費電力は動画再生時で 約36W
   (ただしHDDはほとんど回っていない状態)
  ・電気代は1ヶ月 600円弱

くらいと言うことです。
ちょうど、今使っているC3サーバーと同じくらいでしょうか。
C3の性能の低さを考えるとやっぱりAtomはすばらしいですね。

※ ちなみに、最初、ケースのビニールシートを付けたままPCを動かしていたら
  熱がこもってパソコンがチンチンに暑くなりました。危ない、危ない。


※ 最後に
 今回、パソコンを作る前から動画のエンコードなどしない限りAtomで十分だろうなぁ、
 と思っていましたが、やっぱりAtomで十分でした。 (^_^;)
 最近のAtom搭載低価格ノートパソコンが売れまくっているのを見ても、ついにエンドユーザーが
 「インターネットやるだけなら安いパソコンで十分じゃん!」
 と言うことに気付いてきたという事なんでしょう。これってintelにとっては痛し痒しですよねぇ。
 自分で自分が設定した地雷を踏んでしまいましたね。>intelさん


では戻ろう!