Apad IMX515のタッチパネル交換だ!

2011年 2月13日


※ このレポートは”Apad IMX515 Androidタブレットで電子BOOKだ!”の続編となります。

昨年末、中華Pad(A-Pad IMX515)を買って大喜びしていたのですが
その後、いきなりトラブルに見舞われ、1ヶ月以上、使えない状態になっていました。
IMX515に一体何が起きたのか、いい事も、悪いことも含めレポートしましょう。 (^_^;)

※ 写真をクリックで拡大します。

まずはいいことから。

昨年、IMX515のレポートを書いた後、あきなさん         
(@akinavgk)がTwitterでつぶやいてくれて、
それをJcomiの方がリツィートしてくれる、という
うれしい出来事がありました。

まさかレポートの中で報告しているコンテンツ
掲載元の方から直接メッセージをもらうとは
思っていなかったので大喜びです。 (^_^)

そんなうれしい事があった翌日。
忘れもしない12月21日(火)の夜。都内は大雨に見舞われたのでした。

その日は都心で飲んでいて、帰りの電車の中でIMX515でPDFを読んだ後、
裸の状態(これがいけなかった・・・)でカバンのポッケに突っ込み家まで帰りました。

家に着いたらIMX515には水滴が付いていたのですが「これくらいなら大丈夫だろう。」
と何も気にせず電源オン! ・・・・(シーン)
なんと、表面に着いた水滴が内部に染みこみ電源が入らなくなっていたのでした。

普通、表面に水滴が着いたくらいじゃ壊れないぞ・・・さすが中国品質。 (T_T)
と泣いても後の祭り。。。分解するのも怖いので2日ほど放置して乾燥させたところ
一応動作するようになったのですが、、、
  ・起動しないアプリがある。
  ・起動しても動作が不安定な事が多い。(突然アプリが落ちる・・・)
  ・シャットダウンしてもLEDが点灯しっぱなし。(充電器つないでないのに、、、)
などなど、すっかり挙動が怪しくなってしまいました。



このIMX515、リセットボタンもないし、
(これ間違いでした。後述
こうなったら仕方が無い、「分解修理に挑戦だ!」
と精密ドライバを外装ケースの隙間にコジ入れて
ペキペキと蓋(タッチパネル側)を外します。

慎重に作業を進めたかいあって、もう少しで
蓋が外れる!と思った瞬間。
ペキ!という鈍い音と共にタッチパネルが
割れてしまったのでした。
購入して1週間の短い命でした。。。合掌 (T_T)
と、泣いてても仕方がないので分解作業を続けます。

割れたタッチパネルの下から液晶が見えてきました。
液晶を固定しているネジを外すと、
メイン基板と大きなリチウムポリマー電池
が現れました。

ポリマー電池は接着剤でガッチリ固定されています。
この大胆さ・・・好きです。 (^_^;)
メイン基板にはマイクロSDカードのコネクタが
実装されており、中には4GBのマイクロSDカードが
外せないように両面テープでガチガチに
固定されています。
  


分解作業をしているときに、側面に
貼ってあった検査済シール(多分)を外すと
小さな穴が出てきました。
なんとリセットボタンがこんなところに隠して
あったのかぁ。
気がつかなかったよ〜





などと大騒ぎしながらIMX515を分解→組み立て
しますが不安定な動作は収まらず。
(電池が残っている限りACアダプタを外していても
LEDが赤く点灯しっぱなし)。
さらに、タッチパネルも割れているのでログイン画面が
見えているにもかかわらずログインすらできない
という悲しい状況に陥ってしまいました。

「さて、どうやって修理したものか。」
と悩んでいたときにまたもやtwitterからありがたい
つぶやきが降ってきました


なんとIMX515を購入したお店、NEXT FUNの方
(私のレポートを読んでいてくれたのかな?)
救いの手を差し伸べてくれたのでした。
この時点で2010,12/25日。
すばらしいクリスマスプレゼント(メッセージ)
になったのでした。 (^_^)

その後、年内にも新しいタッチパネルが手に入るかも、という期待に反し
お店の方もいろいろご苦労されて、気がつけば1月ももうすぐ終わり。。。

・・・IMX515が使えない日々に耐え切れず、禁断の商品に手を出してしまいました。
禁断の商品。
それは業務用販促モニター”SP-080JT”です。
これ、スーパーの棚に固定して商品のCMを
動画や音声で流し続ける商品なのですがなんと、

 ・8"SVGA液晶(IMX525と同じ)
 ・タッチパネル搭載

という仕様なのです。
タッチパネルも色々な方式がありますが
IMX515のタッチパネルは抵抗膜 4線方式
この”SP-080JT”もきっと一番安い抵抗膜 4線方式
に違いない。

ならば”SP-080JT”からタッチパネルを外して
IMX515に組み込んで復活できるに違いない!
残った本体はフォトビューワーとして使ってやろう!

そう決めて、オークションで”SP-080JT”(新品)を
購入したのでした。落札価格+送料+振込料こみこみ
で5775円。安いといえば安いのですがそれなりの
値段です。

そう。そうやってSP-080JT”を落札した日の夜。
IMX515の純正タッチパネルが入荷された事を知ったのでした。
あと半日気付くのが早ければSP-080JT”を買わなくてもすんだはずなのに・・・

と、思わなくもなかったですが間が悪いときはこんなもんですよね。 (^_^;)
気をとりなおして純正パネルを購入したのでした。 (^_^)
SP-080JT”はなんちゃってフォトフレームとして遊ぶことにしましょう。 (^_^;;)

ということで、注文して待つこと2日。
待望のタッチパネルが届きました。

タッチパネル+表面の黒いシートと、上面の
外装ケースがセットになっています。
値段は3980円です。
フレームだけでなく、表面に付いているボタンと
側面に付いているボタンも付いています。
なんだかお得な感じです。 (^_^)
この状態でタッチパネル内部の配線が
よく見えます。
予想通り単純な抵抗膜 4線方式です。

タッチパネルには、
”DG080245 v1.0 A2/2”という文字が。
どこのメーカーの製品なんでしょうか?
念の為にタッチパネルの結線図を書き
起こしてみました。
将来、またタッチパネルが割れて他のタッチ
パネルと交換するときに役に立つでしょう。(^_^)
せっかくなので元々内蔵されていた
4GBのマイクロSDを2500円で買ってきた
16GBのマイクロSDと置き換えることにしました。

PC経由で4GBのマイクロSDのファイルを16GBへ
コピーして差し替えます。
これが大失敗の元でした。。。
タッチパネルをケースに置いた後、
気泡が入らないように、ゴミが入らないように、
ズレないように、粘着材付いた黒いフィルムで
ゆーーーっくり固定していきます。

ゆーーっくり、
ゆーーーっくり、

あ、ずれちゃった。 (T_T)
あ、ゴミが入っちゃった。 (T_T)(T_T)

やはり8インチのパネルを人力で固定するのは
至難の業です。
すでに粘着剤でがっちり固定されていて、
外そうとするとまたもやパネルが割れそうなので
ずれたまま、ゴミが入ったまま固定しちゃう事にしました。
ま、こういう事もあるわなぁ。(言い訳モード)
タッチパネルの固定が終わったら、
ボタンがズレないようにおいた後、
熱したマイナスドライバでプラスチックを
溶かして完全に固定。

タッチパネルのFPCも剥がれないように
ビニールテープで固定します。
さぁ、これで完成です。
スイッチの穴が少しずれていますが
気にしてはいけません。 (^_^;)

電池を充電しながら電源ON 。。。
。。。うんともすんとも動きません。

1ヶ月置いていた間に湿気が原因で
完全に壊れてしまったんでしょうか?? (T_T)
こうなったら仕方がない。
再度完全に分解して配線のチェックです。
やや、この電源線のハンダ付け。
隣と接触しているようにも見えます。
ここがリークしてLEDが点灯しっぱなしに
なっていたのかなぁ・・・

そう思って半田を付け替えたり、
万が一、水分が残っていた事を考え、コネクタ
やLSIの周辺にCRCでシュワワと吹きつけます。
まったくもって破れかぶれモードです。 (T_T)
途中まで組み立てますが相変わらず
ACアダプタを挿していないのに、
電源はOFFなのに、LEDが光り続けています。
さらに、電源をONしてもうんともすんとも
動きません。ダメです、壊れてしまいました。 (T_T)

その後、悩むこと30分。
もしや、万が一、と思い、差し替えた16GBのマイクロSDカードを元の
4GBのマイクロSDに差し替えてスイッチON!・・・

・・・やった!動作しました!
なんと、組み込んであったマイクロSDは
単なるストレージではなく、OS起動用の
ストレージだったのです。
どうやらWindowsのエクスプローラーでは
見えないところにMBRなどが書きこまれ
いたようで、そのためOSが起動しなかった、
というのが動作しない原因だったようです。(^_^)

と、いうことで紆余曲折ありましたが何とかIMX515の復活に成功しました。
この顛末の一部は、NEXT FUNのブログでも紹介していただいて、
うれしいやら、恥ずかしいやらです。 (^_^;)
ほんとうにお世話になりました。 >@apadjpさん他、NEXT FUNの方々

その後、
 ・動作不安定なアプリは再インストールしたら安定動作。
 ・PDFの再生で動作が不安定(どのファイラーを使っても固まってしまう)
  という現象が起きたもののPDFのファイル名を短くしたら安定。
 ・LEDが電源OFF後も点灯し続けるという現象もいつの間にかなくなる。(原因不明)
という感じで、ブラウザ、Twitterアプリ、gmailアプリ、PDFビューワー、動画ビューワー
として大活躍しています。
電池も4時間くらいは持って、まずまずという感じです。
(本当は10時間くらい持ってほしいけど。)



では戻ろう!