Windows8をインストール 3300円なり!
〜 アクオスPC編 〜

2012年 10月28日


先週、Winows8正式発表され、マスコミでもそれなりに取り上げられていたのですが
絶対量としてはiPhone報道の1/10程度(主観です)で盛り上がりに欠けていた気がします。
日本のパソコンメーカーもここぞとばかりに盛り上げようとしていましたが、どこからどう見ても
空振りだったような気がします。

そんな感じで個人的にもあまり盛り上がっていなかったWindows8なのですが、XP、VISTA、
Win7を対象にしたアップグレード版が3300円で購入できると知り、導入に踏み切りました。
(ちなみにこの値段で購入できるのは一人当たり3ライセンスまでです。)

対象としたPCはメモリーを増設してだいぶ使えるようになったとは言え、まだまだ遅い
アクオスPCです。 

ダウンロード版のWindows8はここへアクセスして入手します。


※ 写真をクリックで拡大します。


互換性チェックをクリックするとサブウィンドウ
が開いてそのPCでWin8が使えるのか
互換性のチェックを始めます。
結果が出たようです。
これだけではよくわからないので
詳細を確認すると、、、
こんな感じでレポートを出力してくれます。
ドライバー関係はひと通り認識してくれて
いれるようです。

マイクロソフトエッセンシャルが使えないのが
気になったものの、Win8ではウィルスチェック
機能がOSに統合
されたというので一安心。

インストールを継続することにしました。
設定と個人用ファイルを引き継ぐ事に
しました。
ここから購入手続きに入ります。
DVDはいらないのでダウンロード版
3300円を選びます。
氏名、住所、電話番号、メールアドレス
を入力しましす。
支払方法はペイパルとクレジットカード
の2種類です。
今回はクレジットカードを選びました。
クレジットカード情報を入力します。
ここは何度やってもドキドキします。
確認画面が出てきます。
(個人情報は白で隠しています。)
プロダクトキーが表示され、それと同時に
プロダクトキーが書かれた購入確認メール
が登録したアドレスに届きました。
さぁ、ここからインストールです。
まずはインストールファイルをダウンロード。
なにやらチェックしています。
これはベリファイって事でしょうか?
さらにインストールのための
ファイルを準備しているそうです。
そのPCで必要になるデバイスドライバー
などを集めているんでしょうか?
賢いですね。
躊躇なく”今すぐインストール”を選びました。
ここで待たされます。
さらに待たされます。 (^_^;)
ライセンスの確認が出てきます。
ひょっとしたらとんでもない事が書かれている
可能性はありますが即承諾。
(マイクロソフトの思うつぼです・・・(^_^;) )
1時間弱経って再起動のメッセージが
出てきたのでそのまま再起動。
なんだか準備しているそうです。(^_^;)
デバイスを準備して、
ユーザー設定を引き継いで、
デスクトップ画面の色を設定して
(どれもなかなかきれい。)
怖かったので個人設定は手動にしてみました。
(後で確認したところ自動設定でもよかったみたい。)
マイクロソフトに情報が筒抜けになるかと怖かった
のですが、デフォルトの設定は”送信しない”
になっていたので一安心。
共有も危険なところがあるので要チェック。
基本、安全側に倒します。
いよいよサインインです。
元々のPCに登録していたアカウントと
パスワードを入力すると、
何やら個人のフォルダーを作ってくれているようです。
おぉ、みごとにWindows8のインストールができました。
これは色々遊べそうです。 (^_^)


てなわけで動作が遅かった、アクオスPCへのWindows8のインストールが終了しました。
インストールにかかった時間はBフレッツで2時間弱でした。
使い勝手はこれから確認ですが、3300円で試せるのなら「ま、いっかな。」という感じです。(^_^)


■ 関連サイト
Windows8 予習まとめ:格安購入法からWin7との違いまで(アスキー)
Windows 8の新しいセキュリティ機能を見てみる(IT Pro)
Windows8アップグレード版でクリーンインストールは可能!?(アスキー)


では戻ろう!