No.2 サーバー立ち上げの基本ポリシー
2001,5/4 更新

そんなこんだでサーバーを立ち上げる事にしたのですが、その目的は、

1)なんか面白そうだからやる!
  やっぱこれが一番ですね。サーバーというひびきがいいですね。 (^_^)
  セキュリティは怖そうだけどやっぱりやってみたい!

2)ためになりそうだからやる!
  パソコンの組みたてはやっているものの、LANやインターネット、セキュリティ関係
  は出てくる単語からよくわからないので勉強がてらやってみよう。

3)外部に公表するために容量無制限のサーバーが欲しい!
  今、容量50MBのレンタルサーバーを借りているんですが、”いま容量どれくらいかな?”
  と気にしながら使うのは面倒くさいわけです。(私だけ??)
  自分でサーバー立ち上げれば1GB、2GBと容量を気にせず好きなだけ使えるだろう。
  (この場合の外部とは親戚とか友人とかも含んでます。)

4)家族のパソコン共通で使えるフォルダーが欲しい。
 No.1で書いたように家族 一人一台体制でパソコンを使っていると便利な事も多いのですが
 データーがどんどんとバラケてしまい、「あれ?あのデーターはあのパソコンだっけ?」とか
 いうことになってきたため、共通のデーターを取っておく家庭内LANサーバーが欲しくなってきました。


サーバーと言っても業務で使うようなものを家に持ってくるわけにもいけませんので
どんなサーバーにするか?、ということも考えました。

1)お金はかけない(かけれない (T_T) )
 これは家庭の事情ってやつですが、やっぱパソコンばかりにお金はかけられないわけです。
 どうせ回線も細いし、家庭内LAN用にファイルサーバーとして使うにもPentium/100MHzクラス
 でも十分だべー、ということで安い中古パソコンを使うことにしました。
 なるべくパーツはありもの、ソフトはフリーウェアを使ってサーバーを構築していきたいものです。

2)絶対ノートPCにする
 これにはこだわりがあります。
 まずデスクトップはうるさい!
  自分で使っているときはまだ我慢しますが使っていない時までファンがうぃんうぃんいうのは
  絶えられまへん。
  PCに静音化を施すという手もありそうですがこれもけっこうお金がかかりそうです。
 次にデスクトップは大飯食らいである!
  WWWで外部に公開する以上、24時間稼動。となると電気代もばかになりません。
  例えば20W-200Wの電力を使いっぱなしで1月いくらかかるかをざっくり計算すると、

200WのPC デスクトップのピーク電力のつもり 3225円/月 論外ですなぁ。
100WのPC デスクトップの平均電力のつもり 1666円/月 まだ高い・・・
40WのPC ノートのピーク電力のつもり 645円/月 これくらいならいいか。
20WのPC ノートの平均電力のつもり 322円/月 ぜんぜんOK!

  ※ 1998年の資料で、東京電力の「従量電灯B」契約の「第二段階料金」というのをベースに
    しています。これで100W/1時間で2.24円です。この値段、今も同じなんですかね?

  やっぱ電気代は月1000円以下じゃなきゃいかんでしょう。
  というわけで個人的にノートパソコンでやろう!という結論に達しました。
  (最近のパソコンだったらデスクトップでもいいかもしれないんですけどね、、、)

3)Windows98べースのサーバーにする
 これは私がUNIX系のOSを扱えない、というところからきています。
 Linuxあたりでサーバー組んだ方がいいとは思うんですけどね、まだ力不足なので
 即効性を取ってWindows98ベースとしました。

4)手っ取り早く立ち上げる
 勉強がてらとはいうものの、自由に使える時間もそれほどないので定番ソフトを使って
 手っ取り早く立ち上げる事を第一にしました。
 勉強はその後、ぼちぼちやっていく、と。

以上の目的と内容で始めます。


←戻る  進む→
ホームに戻る