No.3 まずはPCを用意しよう
2001,5/5 新設
2001,6/2 追加
2003,1/3 追記
2003,4/20 追記

というわけでNo.2の内容にそってサーバー用のノートPCを用意しました。



仕様的には、

項目 仕様 コメント
CPU MMX Pentium/133MHz まー、こんなもんでよかんべー
RAM 41MB Windows98で使うにはちょっと非力だけど
別にOfficeとか使うわけではないのでこれで
よしとしましょう。
HDD 10GB 増設しました。
液晶 なし! ないんですぅ〜〜 (T_T)
LAN PCMCIA ありものを活用。
OS Windows98 何とか動きました。
マウス トラックポインタ ノートPC内蔵(らくちん (^_^) )
キーボード 日本語106キーボード ノートPC内蔵(らくちん (^_^) )

という内容です。
なんと行ってもノートPCのくせに液晶がないのが一番の特徴( (T_T) )です。
サーバーなのでモニターの画面をみるのは立ち上げ時だけだし(多分、)
立ち上げ時はCRTにつないで見れば何とかなるだろうということで液晶なしでもよしとしました。
そのおかげで何とかノートPCが手に入ったし、液晶が無い分電気代も下がりました。(いいわけ・・・)

HDDはデフォルトで1GBだったんですがファイルサーバーとしても使うとなるとさすがに
これでは少ないです。せめて10Gは欲しい!
・・・しかし、HDDの容量を増設するにもこれだけロースペックなパソコンで8GB以上の
容量をサポートしているか怪しいものです。
HDDを買った後に使えないことがわかっても悔しいだけなので事前に調べる事はできないか、
と探してみたらちゃんとありました。
アイ・オー・データーのホームページにあるBIOSが8GB以上をサポートしているか調べてくれるソフト
しくしくしく、このソフトなくなってました。今の時代8GBでごちゃごちゃ言うな、って事なんですかねぇ。
 もう復活しないんかな。。。 2003,1/3 追記
)(と思ったらちゃんと残ってました。Kazubuさん教えて
いただきありがとうございました。 2003,4/20 追記)がそれです。(さすが、アイ・オー・データー!)
このソフトを使いダメ元で調べてみたらなんと8GB以上をサポートしているじゃないですか。
これは天の助けと2.5"10GBのHDDを12000円で買ってきました。
その後、ノートPCを隅から隅まで分解してHDDを交換したのでした。

こういうホームページを立ち上げるつもりだったらパソコンを分解しているところをデジカメで撮って
いたのですが今となっては何もありません。(残念)

その後、パソコンを分解する機会があったので今度こそと写真を撮りました。(2001,6/2追加)

こーんなにして、キーボードを外し、


メイン基板をあらわにし、

右上の四角いアルミ板の下にPentiumが眠っております。
チップセットはOPTiですなぁ。


ついにハードディスク登場。ここまでくるのはけっこう大変です。
無我の境地でやらないとすぐ壊れます。 (-_-)


こーんな風にしてハードディスクの交換をしましたが最後に必ずネジが1,2本余ります。。。

分解、組み立て後、一応動いていますがちょっと動かすと即座に電源が落ちてしまいます
これも情けない話ですが、サーバーを動かすということはめったに無い事なのでこれもよしとしました。

ということで何とかベースとなるノートパソコンが用意できました。


←戻る  進む→
ホームに戻る