低消費・静音化サーバー
No.13 Windows2000サーバーのまとめ
その後の顛末など、
2003,05/18 完成



ホームページの更新をさぼっている間にもWindows2000サーバーは黙々と動きつづけ、
(時々止まってましたが。。。 (T_T) )2003年5月18日現在、Windows2000サーバーが動き出して
すでに1年以上経ってしまいました。
実はその間、サーバーにも手を入れましたり、ちまたの静音化グッズも信じられないくらい進歩しました。
Windows2000サーバー最後のこのコーナーでは、この1年間の出来事を簡単にまとめてみたいと思います。


1.おさらい。ここまでの出費
 Windows2000サーバーに関して、今までに使ったお金は以下の通りです。

ハード CPU VIA C3 4300円(送料こみ)
マザーボード ABIT SE6 8000円(送料こみ)
HDD変換機 2.5"→3.5"へ 800円
SDRAM 256MB 3800円
ケース ATX+モバイルケース
+CD-ROM+FDD
5500円(送料こみ)
温度リレー WonderKit 温度センサ 3800円
三端子レギュレーター 7809 60円
ジャンク電源 放熱板取りのため 500円
放熱板置き ケースのフタ 100円
熱伝導ゲルシート PT-R1316 1080円
ソフト OS Windows2000 Proffesional 10500円
アプリ BlackICE 6500円
合計 44940円!


ははは、こうやって改めてみると電源関係で変なお金(青字)を使っていますね。
では、このWindows2000サーバーをどう変えていったのか見ていきましょう。


2.その後のマザーボード
正直私が買ったABITSE6大外れでした。
いや、ひょっとしたらSE6には罪がなく、中古で買った時点でおかしかったのかもしれないし、
変な電源をつないでたのが原因かもしれませんが、とにかく安定しない!のです。

SE6をオークションで購入した2002年の1月は700MHzで動いていたものの、

 サーバーが安定しなくなる→いつの間にかハングアップ→クロックを下げる→安定稼動
→サーバーが安定しなくなる→いつの間にかハングアップ→クロックを下げる→安定稼動
→振り出しに戻る

という負のサイクルを繰り返し、1,2ヶ月ごとに700MHz→600MHz→500MHzとクロックが下がっていき
2002年の10月には300MHzまでクロックを下げても安定しなくなってしまったのです。
特に冬場に入ってからめきめきと症状が悪化して、寒い朝 起きると止まっており
ドライヤーで暖めないとWindowsが起動しない
という超情けない状況
陥ってしまいました。 (T_T)

もちろん、サーバーが不安定になるのを手をこまねいて見ていただけではなく色々手を
打ってみました。例えば、
 ・電源を通常品に交換してみる。→効果なし!
 ・CPUのコア電圧を上げたり下げたりしてみる。→効果なし!
 ・メモリーを交換してみる。 →効果なし!
 ・IDEケーブルを高いやつに変えてみる。→効果なし!
 ・CPUをC3からCeleron/466MHzに変えてみる。→効果なし!
もーー、何をやってもダメ!って感じです。 (T_T)^2
どうやらサーバーへの負荷が重くなるとハングアップするようで、Proxy経由で重たいファイルを
ダウンロードしようとするとあっという間にハングアップするようになってしまいました。
こういう状況に至り、気が長い私もついに堪忍袋の緒が切れてついにマザーを交換する事にしました。
マザーを交換するに当たり目標としたのはただ一つ!
 C3がとにかく安定して動くこと!→VIA認定のマザーを選ぶ!
です。当時(2003年2月 初旬)、一刻も早くマザーの交換を済ませたかった私は、近所のPCショップで
売っているSocket370マザーのうち、VIAのサイトC3が動作するマザー一覧に載っていたGigabyte
GA-6VEMLを速攻で買ったのでした。
チップセットはVIA VT8601T+VT82C686B。CPUのコア電圧を変えることができませんが、
背に腹は変えられません。
結果、マザーを交換してから早3ヶ月。C3定格の700MHzでサーバーが安定しまくり
心休まる日々を送っています。 (^_^)
こんな事ならもっと早くマザーを交換しておけばよかったなぁ、

あ、そうそうメモリーも安くなったので256MBから512MBに増やしておきました。 (^_^)


3.その後の電源
えーー、電源の方は実に軟弱でして、5)ファンレスで大丈夫?6)ファンレスで大丈夫2?
7)ファンレスで大丈夫3?と、大変な苦労をして温度制御・放熱電源を作ったわけですが
屋根裏部屋に置いているサーバーは、夏になると同時にあっという間に60℃を超えてしまい、
早々に音を上げてファン常時稼動に切り替えてしまいました。
電源を作った苦労はなんだったんだーーー、という気もしましたが涙を飲んで安全策を取った
というわけです。
人がいない間に発煙・発火でもしたらシャレになりませんのでひとつご勘弁下さい。 m(_ _)m

今だったら、ファンレスACアダプター式ATX電源という当時から考えると夢のような電源が普通
(でもないか、)に売られたりしています。
この電源、17800円で110Wと比較的小容量・高価格ですがC3ベースの低消費サーバーには
必要十分な容量でしょう。1年前に売っていれば迷わず買っただろうなぁ。
つくづくいい時代になったもんです。


4.その後のソフト

 1)アンチウィルスソフト
上で書いたようにABITSE6が不安定でサーバーが落ちまくっていたときに、ソフトが重過ぎるせいかなぁ、
と何気に思い、ウィルスバスターからフリーのAVGというアンチウィルスソフトに入れ替えてみました。
ソフトを入れ替えて一瞬、サーバーが安定したようにも思えたのですが、結局は抜本的な
解決にはならず、そのうち再び不安定になってしまったのですが、このAVGってソフト、アンチウィルス以外
余計な機能が付いておらずサクサク動くのですっかり気に入ってしまいました。
ざっくり、週一くらいの間隔でウィルスパターンも更新もされているしサポートも信頼できそうです。
ということで今ではすっかりサーバーの常駐ソフトとして活躍してくれています。 (^_^)

 2)Black ICE
これは最近の事ですが、Black ICEの販売・サポートが東洋テクニカからact2に変わりました。
これと連動して、ってわけでもないでしょうがBlack ICEのバージョンも2.9から3.6に上がりました。
今回、攻撃パターン数が増えた事以外に「アプリケーション制御機能」というのが加わったのが
特徴のようですが、どこをどう制御しているのか普通に使っている分にはよくわからないです。 (^_^;)


6.リニューアルWindows2000サーバーのまとめ

 1)電力
マザーを交換して一番気になるサーバーの電力はこんな感じになりました。

マザー CPU 電力 1ヶ月の電気代 備考
リニューアル
Windows2000サーバー
Gigabyte
GA-6VEML
C7/700MHz 31.5w 548円 CD-ROMとFDDは外した状態で測定
初代
Windows2000サーバー
ABIT
SE6
C7/700MHz 30w 484円 同上


マザーボードが変わった以外は電源のファンが常に回っているのとメモリーが増えたくらいで、
その分で1.5Wの増加というのはまずまず納得できる電力です。
これで安定性が増せば御の字と思い、1.5Wには目をつむることにしました。


 )かかったお金、最終版
電源を通常の物に戻して、マザーボードとメモリーを増やした分を加えた最終版の
サーバーにかかった費用はこんな感じになります。

ハード CPU VIA C3 4300円
マザーボード GIGABYTE GA-6VML 7980円
HDD変換機 2.5"→3.5"へ 800円
SDRAM 256MB+256MB 6600円
ケース ATX+モバイルケース
+CD-ROM+FDD
5500円
ソフト OS Windows2000 Proffesional 10500円
アプリ BlackICE 6500円
合計 42180円


うーん、これでさっきのACアダプタタイプの電源にしたら完全ファンレス化ができるのかぁ。
価格17800円・・・ちょっと考えちゃいますね。


5.番外編:その後の静音・低消費パソコングッズ

このコーナーで静音・低消費サーバーを始めた1年ちょい前には電源にしろファンコントローラーにしろ
なかなかいいものがなくて困ったものですが、最近では上に書いたACアダプタタイプの電源を
筆頭に「これ欲しい!」と思うグッズや低消費サーバーがたくさん出てきました。
そのなかで個人的に気になっているものをピックアップしてみました。

ジャンル 内容 製品 値段 コメント
電源 ACアダプタタイプの電源
システムプロダクト
IS-003
17800円 ファンレスで110Wの電源が手軽にできます。
Pen4対応となってますがちょっと不安・・・
C3だったら大丈夫かなぁ。
ケース ファンコントローラ装備
アルミ製PCケース
3R Systems
AIR
17800円 「3ヶ所のセンサーによる温度確認機能と
ケースファン回転数を10段階で設定できる
ファンコントロール機能」というのがいいですね。
でも値段もけっこうなものです。
水冷キット CPU水冷キット EVERCOOL
EC-WC-101
18800円 水冷ですか・・・すごーー。
掲示板でもcal930さんが水冷式の使用感を書き込み
してくれていてます。(2003,5/9)
ノートやディスクトップでも水冷式が増えているし
今後のトレンドになりそうです。
マザーボード C3 1GHz搭載マザー EPIA-V10000
(Nehemiahコア)
14800円 Nehemiahコアになってパフォーマンスもだいぶ
上がっているようですが電力も倍(5.7w→11.25w)

になっているそうです。
ファンレス派としては微妙なCPUです。ヒートシンクを
大きくしたら何とかファンレス化できるかなぁ?
PCキット ファンレスPCキット ハイテックシステム
EES-3610
52800円 Eden/667MHz搭載のファンレスPCですね。
メモリー(SO-DIMM)と2.5" HDDを組み込むと
小型のファンレスPCが出来上がります。
CD-ROMは外付け。
PCキット 手のひらサイズ
ファンレスPCキット
イーレッツ
Be Silent
54700円 これもEden/667MHzを搭載したファンレスPCキット
ですね。メモリーはSO-DIMM、2.5" HDDが必要に
なります。CD-ROMは外付け。
PCキット キューブ型
ファンレスPCキット
THREE TOP
QuBE-AC/933
36000円 C3/933MHzを専用ヒートシンクでファンレス駆動。
メモリはPC133,3.5" HDD。CD-ROM搭載可能。
自分で買うんだったらこれかな。


と、どんどん新製品が出てきています。
これからもどういう製品が出てくるか楽しみです。 (^_^)


←戻る
ホームに戻る